2018年04月01日

大阪府の福祉医療費助成制度が変わります

≪大阪府≫2018年4月1日〜
「福祉医療費助成制度」は、障がいのある方やひとり親家庭の方を対象に、医療費の自己負担の一部を助成する市町村の独自制度(大阪府は各市町村への補助)。
 平成30年(2018年)4月1日から老人医療と障がい者医療、ひとり親家庭医療が整理、統合され、対象者や対象医療、一部自己負担額が変更されます。

〇以下の4つの医療証をお持ちの方が対象です。
「障がい者医療」、「老人医療」、「ひとり親家庭医療」、「乳幼児医療」

では、まず「障がい者医療」について
(1)身体障害者手帳1・2級所持者
(2)重度の知的障がい者
(3)中度の知的障がい者で身体障害者手帳所持者

上記に加え新たに、以下の方が対象となります。
(4)精神障害者保健福祉手帳1級所持者
(5)特定医療費(指定難病)・特定疾患医療受給者証所持者で障害年金1級または特別児童扶養手当1級該当者

一部自己負担については
これまでは、一つの医療機関当たり 入院・入院外1日500円以内(負担日数月2日まで)、院外調剤負担なし、治療用装具負担なし、複数の医療機関等を受診した場合の 月額上限額2,500円

今年4月からは、一つの医療機関・訪問看護ステーション・薬局当たり入院・入院外1日500円以内(負担日数上限なし)、治療用装具負担あり、複数の医療機関等を受診した場合の月額上限額3,000円 ※医療機関等によっては、1カ月当たりの窓口での支払額が3,000円までとなります。

続いて「老人医療」(老人医療経過措置:平成33年3月31日まで)について
これまでは、65歳以上で
 (1)障がい者医療の対象者
 (2)ひとり親家庭医療の対象者
 (3)特定疾患治療研究事業実施要綱(平成27年1月改正前)に規定する疾患のうち別で定める疾患を有する者
 (4)感染症の予防等の法律に基づく結核に係る医療を受けている者
 (5)障害者総合支援法に基づく精神通院医療を受けている者

今年4月から障がい者医療・ひとり親家庭医療と整理・統合し、重度以外の精神障がい者・難病患者、結核患者は助成対象外となります。
 ※平成30年3月31日時点で老人医療対象の方のうち、重度障がい者医療、ひとり親家庭医療の対象とならない方は、平成30年4月1日以降助成対象外となりますが、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります(毎年更新が必要)。

つぎに「ひとり親家庭医療」について
(1)ひとり親家庭の18歳に到達した年度末日までの子
(2)上記(1)の子を監護する父又は母
(3)上記(1)の子を養育する養育者
※上記に加えこの4月から以下が拡充されます。
 (2)には、裁判所から配偶者暴力等(DV)に関する保護命令が出されたDV被害者を含みます。

最後に「乳幼児医療」について
対象者及び一部自己負担の変更はありません。
対象医療機関に訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)が追加されました(他の3つの医療と同様)
posted by credo at 02:09| ≪府・市≫